IELTS受験記0807 その1

こんにちは、ジャックです。

 

本日、2017年7月8日(土)IELTSを受験してきました。

 

IELTSとは何なのかというと・・・

TOEFLのイギリス・オーストラリア版(笑)というイメージです。

本当に何なのかを知りたい人はgoogle先生に聞いてください。

 

とにかく、リーディング、リスニングに加え、ライティングとスピーキングもある総合的な英語力を測る試験です。

また、合否ではなく、TOEICのようにスコアで成績が表せられます。

IELTSを受験する多くの人の目的は、専門学校や大学に入学するため。永住権を獲得するため。だと思います。

 

IELTSなんて興味ないよっていう人はこの記事をすっ飛ばしてくれて良いのかなぁと思います。

IELTS受験する予定だけど、どんな感じかわからないという人は読んでくれるといいことあるかもしれません。

 

では、まず持ち物、受付から。。

持ち物はパスポートだけでよいです。

筆記用具は会場で用意されてますし、そのほかの物は試験会場に持ち込めないので。

※試験会場によっては筆記用具が持ち込めたり、時計を持ち込めたりするそうです。

唯一ラベルをはがしたペットボトルで水を持ち込むことができます。

 

受け付け時間は僕の場合、午前7時45分から午前8時30分までの間でした。指紋をとったり、顔写真を撮ったりして時間がかかるので、早めに済まして待機してましょう。受付がそろそろ終わりそうだなと思ったところでトイレに行くとベストかもしれません。

 

いざ、席に着き、L(リスニング)→R(リーディング)→W(ライティング)の順番だと思っていたら、まさかのW→R→L。。。

試験開始時間は9時頃だったと思います。なんかきっちり時間が決まっている訳ではなく、準備ができ次第、次に行くという具合でした。

 

すべての科目で、あと何分残ってますよーと数回知らせてくれるので結構助かります。

リスニングでは答えを解答用紙に写す時間が10分設けられていますが、リーディングではないのでご注意を!

トイレを心配する人もいるかと思いますが、解答用紙の回収時間は結構長かったのでその間にいけるんじゃないかと思います。試験官には迷惑かもしれませんが(笑)

 

試験をこれから受ける人に受験のアドバイスをしたい気持ちはヤマヤマですが、アドバイスできるようなスコアを今回とれている自信が皆無なので、雰囲気だけでも伝えられれば幸いです。

 

次回はスピーキング試験について書こうと思います。お楽しみに。

 

good bye!